FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

クローズド

 2017-02-13
いわゆるネットスラングだった「コミュ障=コミュニケーション障害」という言葉も、ここ数年ですっかり世間に定着した感がある。

他者とのコミュニケーションを苦手としたり、それを苦痛に感じる人を指す言葉だが、多くの人は、それを「人見知り」「空気を読まない人」というニュアンスで捉えていると思う。だが、そういった傾向にある人達だけが「コミュ障」ではないのだ。今の世の中、対人スキルに一見何の問題もないように見える人でも、「実は・・・」という「隠れコミュ障」である場合が多い。

パッと見、その人達は「一見普通」「一見まとも」だ。取り立てて問題もなく普通に社会生活を送っているように見える。だが、彼らと実際に接点を持った時、その「兆候」は現れる。

その人達は、いろいろな意味で非常に「一方的」だ。「自分にとっての常識=世界標準」だと思っている。「自分の常識は相手にとっての非常識」になる可能性があることを想像すらしないのだ。「基準は自分」の彼らからすれば、「おかしいのは常に相手」であり、「自分は何も間違っていない」のだ。

彼らの特徴の一つでもあるのだが、「伝えること=自分が言いたいことを言うこと」だと思い込んでいる。自分の言葉を相手が理解しているか、ちゃんと真意が伝わっているか―相手の理解度や心情、都合といったものを無視して、ただただ一方的にまくし立てる。相手の反応さえ確かめずにひたすら言葉を続けるその様子は、まるで「ひとり言」だ。

彼らにとって重要なのは、「自分が言いたいことが言えればいい」ということなので、相手が理解しようがしまいが、そんなことは「どうでもいいこと」なのだ。なぜなら、「自分の言葉を理解できない相手が悪い」のだから。「ズブの素人に対して行う説明に、専門用語を並べ立てるスペシャリスト」を想像してもらえればいいと思う。

加えて、彼らは「ムダ」を嫌う。自分の労力や時間を他者に費やすということを良しとしないので、会話も手短に、「要点」だけ伝わればいいと思っている節がある。言葉を省くのも、彼らの傾向だ。だが、彼らが不要・ムダと思って省いた部分が、実は相手にとっては重要だった―ということもあるのだ。

どうしたら相手に理解してもらえるか、どんな言葉を使えば伝わりやすいか―そういった「配慮」がまるでない。「受け取る側からの視点」が、完全に抜け落ちているのだ。そして、自分の「想像力の欠如」を棚に上げ、彼らは自分の言葉を理解しない相手を責める。

以前、仕事上で関わったこの手の人との会話で、その一方的な話し方に閉口したことがある。仕事の流れに関する説明を受けていた時、その人は突然「そこにヤマがあるじゃないですか。そのヤマの・・・」と言い始めた。突如相手の口から出てきた「ヤマ」という言葉が何を指しているのかわからず、私は戸惑った。

「は?ヤマ?何それ?この人何言ってんの?」一向に見当が付かないので、「ヤ・・・マ?ですか?」と聞き返すと、「そう!ヤマですよ!ヤマ!そこにあるじゃないですか!」焦れたように「ヤマ」を連呼するその人の視線の先を見ると、少し離れたキャビネットの上に、20センチくらいの高さまで書類が積み上げられている場所があった。

「あのー、もしかして『ヤマ』って、あそこの、書類が置かれている所のことですか?積まれている書類のこと?」「そうですよ!」その人が言う「ヤマ」は「山」であり、「積み上げられた”書類の山”」のことだったらしい。まあ確かに、高々と積み上げられた書類の束は「山」を連想させないこともない。

だが、初対面のその人の、人となりや物の言い方の癖を把握していない私からすると、「わかるわけねーだろ!最初からそう言えよ!」なのだ。長年の付き合いで気心知れた人とでさえ、「あれ」「これ」「それ」で100%話が通じるわけではないのだ。自分の脳内イメージだけで話が円滑に進むのなら、誰も苦労はしない。

「あそこに、書類が積まれて山みたいになっている場所があるでしょ?」という説明にならず、自分のイメージだけでひたすら「山」を連呼するのは、その人が自分の中だけで「完結」しているからだと思う。相手の都合を無視した一方的な説明になるのは、その人の世界に他者が存在していないからなのだ。

一言で言えば「利己的」―それが彼ら、「隠れコミュ障」だ。「山の人」のような例はめずらしくない。むしろデフォルトだ。どういうわけか、彼らは脳内にある自分の思考やイメージとまったく同じものを相手も共有していると信じて疑わない。

例えば、「果物」という言葉を聞いた時、どんな果物を想像するかは人それぞれ違う。ある人はミカンを想像するかもしれないし、ある人はリンゴかもしれない。だが、彼らの場合、自分がバナナを想像した時は、相手も同様にバナナを想像していると思うのだ。「自分にとっての」と「相手にとっての」は違うということを考えようとすらしない。

一事が万事、それ前提で話が進むから、厄介なのだ。そういった勝手な思い込みが齟齬を生み、余計な混乱を招く要因になっていることを、彼らは一向に気づかないのだ。そして、自分達の言葉足らずの説明を棚に上げ、それを理解できない相手を問題視する。彼らの典型的なパターンだ。

彼らがなぜそうなったのか、多分「きっかけ」はあったと思う。生まれ育った環境や周囲の人達との関係とか。だが、途中で「軌道修正」できる機会は絶対にあったはずなのだ。もしかしたら、そういう部分を指摘してくれた人も、過去にはいたかもしれない。自分を省みたり、自分以外の人の言葉に耳を傾けたり―。理由は何であれ、そのチャンスをものにしなかった「責任」は、ほかでもない彼ら自身にある。

ある意味、それは「驕り」なのだ。いわゆる「できる人」に多く見られる傾向なので、「過信」から来ていることは間違いない。自分のやり方を信じて疑わないから、それを改めようともしない。もし、仮に気づきながらもそのやり方を続けているのであれば、責任は、やはり彼らにある。「閉じた世界」に居続けることを自分自身で選んでいるのだから。「変わらないことは楽」なのだ。

「閉じた世界の住人」とのコミュニケーションは不可能だ。相手が一方的に発信するものを、ひたすら受け止めるしかない。それはもはや「コミュニケーション」とすら呼べないものだ。

多くの人が「世知辛い世の中」と嘆いているが、こういう「一方的な人」が増えたせいではないかと。自分の言いたいことを言うだけ言って満足した後は、ぴしゃりとドアを閉じて取り付く島もない―そういう「自分にしか関心のない人」が、他者に関心を持つわけがないのだ。「世間のその他大勢の人達」がどんな状況にあろうと、自分が満足できる状態にあれば、彼らはそれで十分なのだ。

ある意味、彼らは「ミニマリスト」なのだ。コミュニケーションも、人との関係も、必要最低限のものだけで良しとする。周りからは、味気なく、寒々しく見えるようなものであっても、「持たないこと」を最上とする彼らには、今のその状況は「最高」なのだ。

「省くこと」にしか価値を見出さない人達にとっては、「余分」は単なる「無駄」でしかない。だが、「対 人」に関しては、その「無駄」こそが必要なのだ。「コミュニケーション」とは、本来そういうものだ。一方的に「要点」だけを伝えるのであれば、それは単なる「報告」や「発表」、もしくは「命令」だ。

間違った断捨離―彼らを観ていると、そんな言葉が浮かんでくる。がらんとした部屋で一人満足そうにしているその様子は、本人の思いに反して、周りにはひどく頑なで寒々しいものに映るのだ。何でもかんでも「効率」を重視・優先して省いて回るその姿勢は、やがて「孤立」と「孤独」を運んでくる。

だが、もしかしたら、それこそが「持たないこと」を良しとする彼らが一番望んでいるものなのかもしれない。そして、それもまた「生き方の一つ」なのだ。

*ブログ内のすべて文章の著作権は、カンテ・イスタ 樫田ミラに属します。文章の論旨・表現等の盗用や剽窃、無断引用を禁じます。当方のブログの内容や表現を無断でそのまま用いる方、少々の手直しを加えて、自分のオリジナルのように装う方がいらっしゃるようですが、モラルを守ってくださるようお願い致します。

インターネット上の文章や画像にも、ちゃんと著作権はあります。著作権侵害に関する訴訟では、①被告による原告の著作物へのアクセス可能性(IPアドレスの調査等) ②被告の利用著作物と原告の著作物における表現の酷似性③原告の著作物の著名性、周知性といったことが立証されれば成立します。故意に侵害した場合には、10年以下の懲役または1千万以下の罰金が科せられます。


■関連記事

参と商

差異(2)

伝える

気配リノススメ

あとだしの国

鎖国

スモールワールド

イン アンド アウト

バーチャル

マイノリティー・レポート
カテゴリ :Mの心象―あれこれ思うこと・感じること トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。