FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

イミテーション

 2016-10-10
自らを「やさしい」と称する人のそれは、本当の「やさしさ」ではなく、「処世術」なのだと思う。実際、そのやさしさも、後から考えると「どうでもいい」「それくらいは誰でも」というような、「わかりやすい」程度のものだったりする。同時に、これみよがしなアピール感を若干感じるのは、多分彼らがそれを意識して行っているからだ。

特に何事も起こらず平穏な時、その人達は、文字通り「いい人」だ。だが、実際何か事が起こった時、その印象は一変する。そのやさしさの「正体」が、いわゆる「世渡りのための方法」だったということが露見する。

その瞬間、「論理」と「経験」の不一致が起こり、すべてが「綺麗事」になる。彼らの言葉も、態度も、今まで「やさしさ」と思われていたそれは、「人の為」ではなく、すべて「自己保身の為」であったことが暴露されるのだ。

弁解を並べ立て、自分を正当化しながら、火の粉が降りかからないようその場を逃れようとする様、耳に心地の良いことをあれこれ言いながらも、結局核心に触れず、問題を先送りにして「現状維持」に徹しようとする様は、彼らが、実際は「ただのご都合主義の平和主義者」であることを教えてくれる。言葉だけは立派だが、火中の栗は拾わない―それが、彼らだ。

「自称 やさしい人」が一番恐れるのは、「人から嫌われること」だ。「孤独」への耐性も低い。自分から人が離れていくということが耐えられないのだ。だから、彼らは「やさしい」のだ。嫌われないように、悪く思われないように、独りにならないように―そのやさしさは、結局「自分のため」なのだ。

その手の人達が一番やさしくする相手は、他ならぬ「自分自身」だ。一番かわいいのも自分。一番大事なのも自分。一番守りたいのも自分。中心は、あくまでも自分自身。それが彼らの「本性」だ。

「巻き込まれること」を恐れる彼らは、その危機に面した時、本来の姿を見せる。いかに上手くとばっちりを避け、この場を丸く収めて安全圏に脱出できるかを算段する狡猾な顔が現れる。もしくは、「あわよくば最小限の修復可能なダメージの範囲内で事を済ませたい」そう思っている。

そして、その間も、人から嫌われることのないよう、上辺だけのフォローは欠かさない。響きだけの、心のこもっていない綺麗な言葉で、形ばかりの理想論や正論を語ったり、無責任な慰めや励ましを言ったりするのは、人を怒らせることへの恐怖や「人を怒らせる自分」を正視できないからだ。この期に及んでも「やさしい」のは、人から嫌われたくないから。

彼らは思い違いをしている。「やさしいこと」は、嫌われることの「免罪符」にはならない。「みんなにやさしい」ということは、「=みんなから好かれる」ではないのだ。「自称 やさしい人」は、多分こう思っている。「みんなにやさしい自分が嫌われるわけがない。やさしくていい人は嫌われない」そういう思い込みがあるから、彼らは人にやさしくする。

とってつけたような、「いかにも」な態度や表情。綺麗事と理想論だけの融通性のない言葉。中身のない、ただひたすら相手の機嫌を取るためだけの美辞麗句。むやみやたらの「共感」と「肯定」―計算高さや自己保身から発生する「やさしさ」は、どこか作り物めいた匂いがする。結局、彼らは「演じている」のだ。彼らの言う「やさしさ」とは、自分の利益を計りながら、親切そうに振舞うことなのだ。

彼らにとっての「やさしさ」は、嫌われることを避けるための、いわば「先手必勝」の、相手からの攻撃―嫌悪や悪意を封じ込めるための「布石」なのだ。根回し、計算―すべては「戦略」であり、「技術」なのだ。すべては、相手のためではなく、自分のためのもの。

だから、彼らの「やさしさ」は薄っぺらい。奥行きもなければ、深みもない。時間と共に消えていく類のものだ。後には何も残らない。後に彼らを思い出す時に浮かぶのは、「やさしい人」ではなく、「中身のない上辺だけの人」という印象だけだ。勇気も気概も覚悟もない、自分を守るためだけの「やさしさ」は、結局爪痕さえも残せない。塵芥と同等のそれは、何の価値も残さない。

*ブログ内のすべて文章の著作権は、カンテ・イスタ 樫田ミラに属します。文章の論旨・表現等の盗用や剽窃、無断引用を禁じます。当方のブログの内容や表現を無断でそのまま用いる方、少々の手直しを加えて、自分のオリジナルのように装う方がいらっしゃるようですが、モラルを守ってくださるようお願い致します。

インターネット上の文章や画像にも、ちゃんと著作権はあります。著作権侵害に関する訴訟では、①被告による原告の著作物へのアクセス可能性(IPアドレスの調査等) ②被告の利用著作物と原告の著作物における表現の酷似性③原告の著作物の著名性、周知性といったことが立証されれば成立します。故意に侵害した場合には、10年以下の懲役または1千万以下の罰金が科せられます。


■関連記事

都合の賜物

本物

「本当の自分」はどこにいる?

コピー

まやかし

曲解

仲間食い

カリスマ

寄生

セレブ論

仏を殺せ
カテゴリ :Mの心象―あれこれ思うこと・感じること トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。