FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

不似合い

 2016-07-31
【「週刊新潮」2016年7月28日号 掲載記事より抜粋引用】

梅雨の雨脚が一息ついた、7月16日の昼下がり。若者が行き交う港区・表参道の交差点に、藍色の浴衣姿で現れた七海氏は行き交う人々に支持を訴えハグを繰り返していた。

「あんなキレイで、笑顔が素敵な女性と密着できるなんて……。政策はよく知りませんけど、彼女なら1票入れても良いかなって思っちゃいました!」興奮気味に感想を口にするのは、20代の男子学生。たまたま通りかかったその交差点で、街宣活動中の七海氏にキャッチされたというワケである。

「ボーッと見てたら目が合ったので、思わず“頑張って下さい!”って声をかけたんです。すると、僕を見つめたまま近づいてきて僕の手を取ったんです。潤んだ瞳で“都民ですか?”と聞くので“はい”と答えると、ハグをしてくれました。ちょっと良い匂いもして、ドキドキしましたね」

周辺では、その後も彼女に抱かれる男性が続出した。「最初は驚いたし、恥ずかしかった。でも、若くて可愛いし、嬉しいよね。幸福実現党というのは知ってますけど、あの子なら投票しても良いかな」(40代男性)すっかり鼻の下を伸ばした男性諸氏の一方で、それを遠巻きに見ていた50代女性は吐き捨てた。「ああいう“オンナ”をウリにする人がいるから、男女差別や女性蔑視がなくならないんでしょ。イギリスに続いてアメリカでも女性リーダーが誕生しそうなのに……」

どうやら七海氏の作戦は、賛否が大きく分かれているようである。自身も七海氏にハグされた経験を持つ、宗教ジャーナリストの藤倉善郎氏が言う。「彼女は先の参院選で、党首の釈量子さんより3000票以上も多い、3万1717票を獲得しました。あのビジュアルで優しくハグなんかされたら、多くの人は幸福実現党に興味を感じるし、少なくとも彼女に対して好感を持つでしょう。僕だっていい気分になりましたからね」

とは言え、いくら選挙活動でも、独身という七海氏には、無闇やたらと見知らぬ男性たちと抱擁を繰り返すことに抵抗はないのか。「私は宗教法人幸福の科学の職員として、国際部門を担当する部署で働いてきました。学生時代の留学も含めれば訪問した国は30カ国以上になります。ハグはナチュラルな愛情表現や感謝の表現方法として身についているんですよ」

七海氏はあくまで、自身の政策に興味や関心を持ってくれた人への謝意の発露と強調する。老婆心で危険はないのか尋ねると、「フフフ。いつも近くにスタッフがついていますから。これまでどこかを触られたり、危ないことをされたりは一度もありませんよ」

最後に政治評論家の小林吉弥氏に聞くと、「ハハハ、そういう時代なんでしょうねえ。今回に限らず、都知事選挙は人気投票みたいなもの。その意味で、彼女のハグ作戦にはあまり違和感はありません」


この国で、英語の「hug(ハグ):抱きしめる」という言葉が一般的になったのは、ここ10年位だろうか。最近では、海外赴任や留学、旅行等で日本と外国を行き来することが珍しいことではなくなったということも影響しているのかもしれない。

外国に縁のない人でも、欧米諸国には、「挨拶」としてハグ&キスを行う習慣があるということを知っている。海外発の映画やドラマの中で見慣れているせいか、それについて特別言及する人もいない。日本人が挨拶の時に会釈を交わすのと同じ感覚で、「西洋の、ごく当たり前の習慣」として受け止めている。街中で、日本に在住している欧米系の外国人や旅行者達がそれを行っていても、特に何も思わない。「ハグしてるなー」くらいのものだ。

だが、日本人がそれを行うとなると話は別だ。1~2年前、梅田駅構内で、飲み会帰りと思しき20代くらいの男女のグループが代わる代わるその場にいる全員とハグをし合っているのを見た時に思った。「・・・なんか変。なんかおかしい・・・」

皆さん結構アルコールが入っているらしく、酔いも手伝って、キャッキャしながら楽しそうにしている。まあそれは別に構わないのだが、彼らが視界に入ってきた時に感じた違和感の正体が、その横を通り過ぎる時に判明した。問題は、「ハグの仕方」にあった。

多分本人達は、欧米人同様、仲の良い友人同士の「挨拶」としてのノリだったのだと思うが、「違うんだよなー」と。彼らのハグは、基準を超えた、ぶっちゃけ言えば、「非常にセクシャルな関係を匂わせるハグ」なのだ。「いやいやいやいや、その密着度ありえないから!」というレベル。その場にハグの習慣を持つ国の人々が見たら、確実に「恋人同士?」と思ったはずだ。

やっぱりね、礼で始まり礼で終わる、「お辞儀の習慣を持つ国」の人間には、ハグは無理っすわ。元々の「感覚」が備わってないんだもの。文化や習慣から、無意識に刷り込まれた「肌感覚」とでもいうか・・・。道で知り合いに会った時、日本人は自然と会釈が出るが、それと同じように、自然な感じで、無意識に「程よい加減のハグ」ができる感覚がないのだ。

夫や妻、恋人同士のハグ、親子間のハグ、兄弟姉妹間のハグ、友人とのハグ、同僚や知人とのハグ―それぞれ「違い」があり、「使い分け」が必要なのだ。友人同士のそれでも、相手が異性か同性かによっても「加減」は変わってくる。それが自然とできるのが、「ハグの習慣を持つ国の人達」。

完全に付け焼刃の、日本人がする「にわかハグ」は、「体の密着面積の割合」が、明らかにおかしい。男性も女性も、相手が同性だろうが異性だろうが、みんな同じ。「付き合ってんの?」と思うくらいの、ベターっと肩どころか足の先までを密着させた「パートナーとのハグ」なのだ。「基準のハグ」は、わかりやすく例えると、「肩から下はくっつけちゃダメ」くらいに思っていたらいい。まあ、人種や相手との関係性、シチュエーションにもよるが、「基準は肩」にしておけば、まず間違いないと思う。

欧米人達は何気なくやっているようでも、実はハグをする時は、結構気を使っている。特に相手が異性の場合、ハグの仕方やその時の長さで、パートナーに浮気疑惑を持つ人もいるので、意外にみんな苦労しているのだ。

先出の、週刊新潮で取り上げられた都知事候補の女性の「ハグ活動」の記事を読んでもわかることだが、つくづく、やっぱりこの国に「ハグ」は似合わないな、と。

素地がないところに持ち込まれたそれは、妙な中途半端さしかもたらさない。する側もされる側も、恐らく「照れ」や「戸惑い」から来ているであろう「ぎこちなさ臭」がプンプンしているので、見ているほうが気恥ずかしくなるのだ。なにか、「見てはいけない恥ずかしいところ」を目撃してしまったようで、何となく決まり悪い思いをする。

どうも、日本人同士のハグは、不自然な感じがして苦手だ。どこか「演出」めいていて。「フツーにこういうことができちゃう自分って、かっこいい」「自分、そのへんの日本人とは違うんで」というような、妙な自己陶酔やアピールをそこに見てしまうことがある。

だが、やりつけないことはやるもんじゃない。「様にならない」という言葉があるが、その典型だと思う。それが「自然」であったなら、見ている者が気恥ずかしく感じることも、悪目立ちすることもないのだから。

当の候補者は、「わたし留学してたんでぇー、(ハグをすることが)愛情や感謝の表現方法として身に付いてるんですぅ~」と言っているが、写真を見る限り、全然そうは思えませんな。これは、完全に「誤解されるハグ」です。(きっぱり)そして、明らかに「確信犯」ですわ。周囲にいた有権者の女性が、「オンナを売りにして!(怒)」とおっしゃっていたが、完全に同意。こういう時、「同性の、同性を見る目」は確かです。特に、同性の、「無意識を装った異性に対する媚や計算」は一発で見抜くので。

彼女にビジネスハグされた有権者の男性達の言葉からして、もう明白でしょ?と。この国で、「ハグという行為」が、どんな意味合いで受け取られるのかを。自国の文化に元々存在しないものを利用したって、胡散臭さしか感じません。こういうふうに、他文化を中途半端な形で持ち込むのやめてくれへんかな。なんか気色悪いっすわ。

ビジネスハグでポーっとなっちゃった男性票を集めるとか。それに対して苦言を呈することもなく、「最近の都知事選は人気投票みたいなもんだから。こういうのもいいんじゃないですか?ハハハ」とか言っている政治評論家のおっさんとか。・・・何やってんだよ。

いいですか?東京に一極集中しているということは、東京がコケたら日本は大変なことになるんですよ?地方にも影響出まくりです。せっかく投票権を持ってるんだから、せめて「政策」を評価して投票してよ、東京都民の皆さん。また「同じこと」を繰り返すんですか?何回やったら気が済むんですかね?危機感ゼロで地方は呆れてるんですけど。こんなんでこの先大丈夫なん?もう、ほんと、東京マジでしっかりしてください。首都がこんなんじゃ情けないっすわ。

*ブログ内のすべて文章の著作権は、カンテ・イスタ 樫田ミラに属します。文章の論旨・表現等の盗用や剽窃、無断引用を禁じます。当方のブログの内容や表現を無断でそのまま用いる方、少々の手直しを加えて、自分のオリジナルのように装う方がいらっしゃるようですが、モラルを守ってくださるようお願い致します。

インターネット上の文章や画像にも、ちゃんと著作権はあります。著作権侵害に関する訴訟では、①被告による原告の著作物へのアクセス可能性(IPアドレスの調査等) ②被告の利用著作物と原告の著作物における表現の酷似性③原告の著作物の著名性、周知性といったことが立証されれば成立します。故意に侵害した場合には、10年以下の懲役または1千万以下の罰金が科せられます。


■関連記事
浮気のボーダーライン

機能不全カップル

自衛隊擁護派ですが、なにか?
カテゴリ :時事放談 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。