FC2ブログ

トンボと繋がる阿房のナントカ

 2009-04-11
 東京都下水道局が昨年、制服に付ける都のシンボルマークを添えたワッペンを2万枚作製したところ、シンボルマーク使用に関する内規に反したとしてこれを使わず、新たに約3400万円をかけて、ワッペンを作り直していたことがわかった。

 デザインは組織名の下に5センチ余の波線を付けたシンプルなものだったが、この責任を問い、都は担当幹部2人を訓告処分にしていた。内規を杓子(しゃくし)定規に解釈した「お役所仕事」の典型とみられ、公費の支出の在り方に批判が集まりそうだ。

 都下水道局では、所属する計約3000人の職員用に、予備を含めて計約2万着の制服を作っているが、1978年から同じデザインだったため一新することにし、右胸に付けるワッペンも新たに作ることにした。

 ワッペン(縦2・5センチ、横8・5センチ)はシリコン製で、イチョウ形をした都シンボルマークの横に局名を記し、「水をきれいにするイメージを出したい」との願いを込め、その下に水色の波線(約5センチ)を添えることにした。職員が考案したものだった。

 ところが、約2万枚のワッペンが完成し、一部は制服への縫い付け作業が始まった昨年11月に開いた局内の会議で、ワッペンのデザインが、シンボルマークの取り扱いについて定めた都の内規「基本デザインマニュアル」に抵触する疑いが浮上。内規には、マークの位置や文字との比率などが細かく記載されており、誤った使用例として「他の要素を加えない」と規定。同局では今回、この規定を厳格に解釈したという。

 ただ、この規定は例外も認めているが、同局では、波線部分を取り除いて作り直すことを決定。制服を含めた費用は当初、約2億1300万円だったが、新しいワッペンの作製費と縫い替えの費用として、約3400万円を追加支出した。

 都は今年3月、最初のワッペンのデザインを決めた担当の部長と課長(いずれも当時)を訓告処分とした。今月から制服を一新したことは発表したが、ワッペン作り直しに関する一連の事実は公表していない。

 下水道局は「事前に規定を見ていれば防げたもので、担当者のミス。多額の費用負担を生じさせて申し訳ない。次のデザイン更新は何年先になるかわからず、それまで誤ったワッペンを続けることはできなかった」と説明している。

(4月10日付 読売新聞記事より)




やはり公務員の意識というものは、一般社会のそれと、かなりかけ離れているのだと思う。民間企業では、まず「絶対にあり得ないこと」が罷り通る。

お金が湯水のように湧いてきて、使い道に困るくらい有り余っている状態なら未だしも、この不況の時代に、ワッペンの作り直しに3400万円・・・なんというか、怒りを通り越して呆れるしかない。石原都知事が「バカじゃねぇかほんとに」と激怒したというが、まったくもって同感だ。

「事前に規定を確認していれば防げたもの」というコメントも、「今更何言ってんだ」という感じ。どんな仕事においても、「事前の確認」は当たり前のこと。いわば「基本中の基本」だ。注意するとかされるとかの前に、そんなことは個人レベルで身についているのが「普通」。そもそも既にその最初の段階から「おかしい」のだ。

大体、制服への縫い付け作業が始まった後の会議で、初めてデザインが規定に抵触している疑惑が浮上―ということも「あり得ない」。「チェック機関」は存在しなかったのだろうか?2億もの予算が動くプロジェクトにしては、あまりにもお粗末な仕事ぶりだと思う。

20代の頃に勤務していた電気機器メーカーでは、「プレスリリース」というものがあった。自社製品を発表する際、新聞雑誌等マスコミに向けて配布する資料。製品の写真にはじまり、機能等、製品についての詳細な情報が記載されている。

宣伝部の担当者が作成したそのプレスリリースが、社長の承認を得て正式にマスコミ発表されるまでに、各関係部署の本部長や最高責任者5~6人の承認印が必要だった。担当者レベルだけでも、正式発行までのチェックに関わる人数は常に10人前後はいたと思う。

作成した内容はそのままメディアに流れる。同時に数億、数十億の金額が動く。間違いがあってはならないのだ。

やはり民間企業と違って、そのあたりの「緊張感」というものが欠如しているような気がする。勤めている会社の経営状況や売り上げといったものが、直接自分の給与や生活に影響するという部分が少ないせいかもしれない。「公務員」という安全な枠で守られているが故の緩みだろう。「所詮他人のお金」という意識で税金を捉えているから、こういった軽々しい、考え無しの使い方ができるのだと思う。

担当者は訓告処分らしいが、民間企業で同様のことが起こった場合は、減給・停職レベルだ。今回のワッペンの失敗は公表せずに伏せられていたとか、事前の規定の確認を怠った為のミスとか、杓子定規のお役所判断に基づいてのやり直しと追加支出とか、すべてにおいて「幼稚さ」を感じるのは私だけだろうか。石原都知事ではないが、「バカじゃないの?」と言いたくもなる。

過去何十年にも渡って行われてきたであろう「おバカ」な仕事っぷりと、ゆる~いお役所体質―その積み重ねが生んだのが今の状況。まあ因果の法則には適っているが。

しかしまあ、呆れるというか、腹立だしいというか・・・おまけに、たかがワッペンに数千万円をつぎ込むその感覚・・・やっぱり「阿房の鼻毛」は長いことに変わりないようだ。まったく実にくだらない。


「阿房の鼻毛で蜻蛉をつなぐ」

この上もなく愚かなこと。
阿房の鼻毛は蜻蛉(とんぼ)を繋げるほどに長いという意味から。(広辞苑より)





スポンサーサイト



カテゴリ :時事放談 トラックバック(-) コメント(-)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫